英語がうまくなりたい! vol.2

実は、英語上達に王道なし

働く女性と英語

英語ができるようになるには?

英単語をバンバン並べ、相手とコミュニケーションしたい!という気持ちでぶつかれば何とかなる――
確かに英会話ではそういう面も。
でも、それだけでは物足りないし、あまり中身は深まらないように思います。
忙しい合間を縫って、かつさほどお金をかけないで何とかならないものでしょうか?

基礎からやり直したい方!
NHKラジオの英会話番組がおすすめです。
私は中高生の頃、この番組が大好きで朝夕楽しみにしていました。
教材は安いし、内容もとても充実しています。

基礎はあるけど、よりレベルアップさせたいという方には、英語を読むという方法がおすすめ!
――わからない単語は辞書を引き引き読み進める。
一回ひいた単語は次回、おそらく忘れているので二度、三度とめげずに引く――この繰り返しです。
“input”をした後は“output”!
家族や友達をつかまえて自分が読んだ内容について説明してみてください。
理解したつもりでもあやふやだったりします。誰か一緒にやる人がいるとお互いチェックできてよいですね。

ひたすら英文を読む

いきなり英字新聞や分厚い本だと敷居が高いので、ガーデニングや料理、ファッションなど、最初は自分の好きな雑誌に載っているコラムなどから始めてはいかがでしょう?
慣れたら、ほんの少し難しいものに挑戦してみてください。
電車が混んでいて読めない、だけど通勤時間をそれに使いたいという人は、その部分だけコピーして折りたためば読むことはできます。
そんなアナログの方法をとらなくても、スマホを使えば、ダウンロードしたり、写メを撮ったりと、他にもっと便利な方法があるかもしれません。

意味がまとまっているパラグラフ(段落)を目安に、一回の分量は少なくてよいので、とにかく続けることです。
この際、ハーレクイン小説でもよいでしょう(ジェンダー論的には突っ込みどころ満載ですが)。
ストーリーに浸っているうちに一冊読み終えた!となれば達成感もわきます。
本や雑誌を買わなくても、ネット上で面白そうなテーマについての英文はいくらでも見つけられます。
素人のブログではなく、ライターやコラムニストが書いた文章が安心です。
私自身、大量の英文を読む作業を繰り返していたある日、以前は速くてよくわからなかったCNNニュースやスポーツ解説者の話がストンと理解できたのに自分でも驚いた記憶があります。

「英文を読む」のがなぜ効果的であったのか――思うに、それは語彙が増えたから。
ニュースの端々が頭の中にひっかかり、結果的に意味が理解できたのでしょう。
流しっ放しのBGM的英語では「あっ今、こう言った」と、耳に飛び込んできた表現や単語を追認する喜びはあるのですが、わからない単語は素通りしたまま。
遠回りそうで実は着実な道として、英文を読むことをぜひおすすめします。

教えてくれた人・・・

(財)横浜市女性協会で10年勤務した後
英語の非常勤講師をしながら博士号を取得(学術)。
2016年4月より名古屋の名城大学経営学部で英語、国際フィールドワークなどを担当。
愛猫2匹、大学生と高校生の息子2人、夫とは週末合流生活。
名城大学  桑島薫

英語講師 桑島さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る