どうしたらいい?気になる「保活」 vol.1

どうしたらいい?気になる「保活」

「保活」を始める時期

「保活」とは、情報集め・施設の見学・申込みなど、保育を確保するための一連の活動のことです。待機児童が多い地域では、情報を集めて入園のチャンスを広げる必要があり、こんな言葉が使われるようになりました。
保育を利用したいと思ったら、情報集めはなるべく早くしたほうがいいでしょう。このコラムを読んだらすぐにでも、始めて欲しいです。場合によっては、保育の利用のために、育児休業の期間を調整しなければならない場合もあるからです。

保育園には、進級がある4月が最も入りやすいのですが、入園事情が厳しい地域では、4月でも1歳児クラスは難しい、横浜保育室でさえ満員という場合があります。そんな地域では、育児休業を切り上げて0歳児での入園を選択する家庭もあります。

自分の地域の保育を調べる

横浜市の場合は、次のような保育施設・事業があります。まずは、これらが自宅のまわりにどのくらいあるのか、調べてリストアップするところから「保活」は始まります。
「保活」を始めるとすぐに目にする、一号・二号・三号とは、「保育の必要性認定」を表しています。保護者の状況と、子どもの年齢によって異なります。
保活
自分の「保育の必要性認定」が分かったら、横浜市内の保育施設・事業にどのようなものがあるか見ていきましょう!

保活

認可の保育施設・事業は、区役所で利用申込を受け付けます。また、保育料は世帯の所得に応じて市が決めた額になります。

認可外保育施設は、それぞれの施設で申込みを受け付けます。保育料も各施設が決めています。認可外保育施設のうち、横浜保育室は、横浜市の助成(3歳未満児対象)を受けて運営されている小規模な保育施設です。「届出施設」は、認可外保育施設として市に届け出ているが、助成を受けていない施設のことです。届出施設になると、保育の質にはかなりバラツキがあります。
このほか、3歳以上児には、預かり保育を行っている幼稚園という選択肢もあります。

施設の所在地などは、各区のサイトにもありますが、区ごとに発行している「保育所等利用案内」には、手続も含めたすべての情報が入っているので、全体を把握したいときには効率的です。「保育所等利用案内 ○○区版」で検索できます。

認可に入りにくい地域は早めの認可外対策を

認可の入園事情が厳しい場合は、認可に入れなかったときのための横浜保育室などの確保が非常に重要になります。横浜保育室などは各施設で入園決定の時期や方法が違っていますので、早めに調べる必要があります。候補園のリストアップができたらすぐに動き出しましょう。
反対に、認可に入りやすい地域であれば、認可の申込受付開始(4月入園であれば10月下旬)までに認可の中で希望順位を決めて申し込めばどこかに入れるので、特に希望するのでなければ、保活を認可だけで完結してもよいということになります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る