転妻×これからのキャリア vol.1

パートナーの転勤が決まったとき

転勤経験者は1年間に約6万人!

家族の転勤が決まったとき、女性が働いている場合はいろいろな選択肢があります。単身赴任生活を選ぶ、今のしごとを辞めてパートナーの転勤についていく、自分も一緒に転勤できないか会社と交渉する、などなど。
平成24年の総務省統計によると、全国で転居を経験した女性は1年間で約6万人いるそうです。転居の理由を見てみると、男性は「本人の仕事の都合」が35.0%で最も多いのですが、女性は「結婚のため」が15.3%,「家族の仕事の都合」が10.5%で2大トップ。女性は男性よりも、家族の転勤でキャリアやライフスタイルが変化しやすいといえそうです。

6回の転勤、9回の転職をしながらTKTを設立

まず私のことからお話ししたいと思います。私は、SEとして2年間働いたあと、24歳で転勤族と結婚をしました。以降、タイへの海外転勤を含めて6回転勤をしながら、SE、Webプログラマー、大学教授秘書など9回転職して働き続けてきました。
今の本業はITコンサルタントと産業カウンセラー。並行して、TKT48プロデューサーとしても活動しています。TKT48とは「転・勤族の・妻(Ten Kinzoku no Tsuma)」の略で、全国47都道府県+海外=48地域の転妻が集まった【地方創生×女性活躍推進】企画グループです。主にFacebook上で活動し、全国から地域情報を発信したり、地域交流イベントを開催したりして、転勤先の地域を応援しています。

転勤生活には楽しいこと、つらいことの両方があります。転勤生活の楽しさはなんといっても、いろいろな地域のご当地事情を知ることができること!逆につらかったのは、働きたいと思ってもブランクがあってSEとしてなかなか復帰できなかったとき。実は、「女性SEは出産などで一度辞めると技術者としては復帰できない」と言われ、IT業界への復帰を諦めたこともありました。このとき悩んだ経験から、IT業界に詳しい産業カウンセラーになろうと資格を取得したことが今につながっています。

TKT48を設立したのは、2014年のこと。初めての転勤先・新潟県で周りに誰も知り合いがいなくて孤独で、ようやく同じ転妻とインターネットの掲示板を通してつながれたとき、人と話せるってこんなに幸せなことなんだって実感したんです。それから転勤するたびに、転勤先で転妻会を開いて悩みを共有する場を作ってきました。3年ほどそんな活動を続けた後、全国の転妻が情報交換したり地域情報を発信したりできるようにとTKT48をつくり、今では1300名のメンバー数になりました!

パートナーが転勤族の女性が悩むこと

転勤族がパートナーの女性が悩むことは主に3つです。

①キャリア断絶
②地域コミュニティに溶け込めない
③子育てへの不安

①しごとを辞めるというのは大きなことです。ときには居場所がなくなったように感じ、アイデンティティの喪失感を感じる人も少なくありません。また、キャリアが中断してしまい、同じ待遇で同じキャリアを続けるのが難しいこともあります(私もそうでした・・・)。

②仕事をする中で人間関係ができていくパートナーと比べ、しごとをしていない女性の場合、地域コミュニティーに溶け込めずなかなか友達ができないという悩みをよく聞きます。残念なことに「転勤族だったら、いつかいなくなるかも」と距離を置かれてしまうこともあるからです。ただ、転妻の孤独感を解消し仲間作りのきっかけになる場が横浜市にはあります。都筑区は毎月第3金曜日に「転勤妻のおしゃべりサロン」を実施していますし、フォーラム(横浜市男女共同参画センター)にも自助グループ「単身赴任の妻の会 in 横浜」があります。どちらも定期的に実施しているので、こういったところへ出かけてみるのもいいと思います。

③子どもが転勤先に溶け込めるだろうか・・・という不安は転勤族につきもの。インターネットを駆使して、転勤族が多く住む地域や学区を探してその周辺で家を探すといった工夫をしている人が多いようです。

相談グループ一覧

グループ名日時場所お問い合わせ
転勤族妻のおしゃべりサロン毎月第3金曜日
10:00~12:00
申し込み不要
都筑区役所1階 都筑区民活動センター都筑区民活動センター
担当 牧田
電話:045-948-2237
単身赴任の妻の会 in 横浜5月・1月第3水曜、7月・9月・11月・3月第1水曜
10:00~12:00
申し込み不要
フォーラム(横浜市男女共同参画センター)電話:045-862-5058
href="http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-p/p-group/list.html" target="_blank">その他自助グループ一覧

教えてくれた人・・・

パートナーの転勤等で6回引越し&9回転職し、大企業から零細企業まで9業界15社、正社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイト・個人事業主を経験。
2014年から「ワークスタイル・クリエイション」として起業し「女性の新しい働き方」を創出している。
また、1999年から続けている転勤族の妻の支援活動を元に、2014年から【地方創生×女性活躍推進】企画グループ「転勤族協会~TKT48~」主宰。
転勤&ITコンサルタント/産業カウンセラー/転勤族協会TKT48代表 奥田美和

転勤族協会TKT48代表 奥田さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る