簡単! おいしい ! 『カラダをいたわる薬膳ごはん』

夏を乗り切る!
『豚しゃぶサラダ にんじんドレッシング』レシピ

簡単! おいしい ! 『カラダをいたわる薬膳ごはん』

しごとで疲れて帰宅した後に、休む間もなく急いで作らなくてはならない日々の食事づくり。
どうしても、出来あいの惣菜や、炒めるだけ、切るだけでできるメニューに頼りがちに・・・。
手の込んだ料理は、心身共に余裕がないとできないものですね。

今回新たに「さっとひと手間で簡単にできるのに、カラダにやさしいごはん」
テーマにしたレシピを教えていただく、健康ごはん塾ちゅうがんじみゆきさんも、
実は、同じ悩みを抱えられていました。

『まだ会社員だった頃、子育てと仕事を両立する中で、 自分自身や家族の体調不良の日々が続き
「食と健康」について深く考えるようになりました。 その時出会ったのが「薬膳」です。』

『薬膳の考え方を取り入れた 生活養生をすることで、 ふと気が付けば、健康で充実した毎日を
過ごしていました。 毎日の食べるもので、私たちのからだは作られています。
自分や家族の未来のために料理でできることを伝えたい』

そんな思いから、鎌倉で健康ごはん塾を立ち上げ、現在、さまざまな場で活躍されている
ちゅうがんじさんから、時短でもできる薬膳料理レシピ』 を季節ごと4回のシリーズで教わります。
第1回目のレシピは、「きょうも冷奴~? 」にもなりがちな、夏にうれしいさっぱりレシピです。

夏を乗り切る!『豚しゃぶサラダ にんじんドレッシング』レシピ

年々、蒸し暑くなる日本の夏。
一晩中冷房を付けっ放しで寝てしまい、朝起きたら咽が痛くて身体がだるい。
冷たい飲み物ばかり飲んでしまい、お腹が冷えている、何となく食欲がない。
なんてことはありませんか?

食べものが持つ力で、身体の中にこもった余分な熱を自然に冷まし、
不快な症状を解消して、元気をつけながら涼しく夏を乗り切りましょう!
カラダをいたわる夏の薬膳料理をご紹介致します。

作り方

  1. 水菜は4cm長さに切る。
  2. もやしはさっと茹でてザルに上げ、水気をよく切る。
  3. 苦瓜は2mm厚さにスライスして、1分程茹でて冷水に取り水気をよく切る。
  4. ドレッシングの材料をフードプロセッサーにかけ(もしくはすりおろして 調味料を混ぜ)、ドレッシングを作る。
  5. 豚薄切り肉は、片栗粉を薄くまぶし、熱湯で茹でて、ザルに上げる。
  6. ボールで野菜と豚肉を混ぜて器に盛り、食卓でドレッシングをかけて頂く。

 

作りおきドレッシングと、下ごしらえで、カシコク時短!


朝の涼しいうちに、野菜の下処理をしたり、ドレッシングを作って冷蔵庫に入れておけば、
帰宅後には、すぐに出来上がります。

薬膳では、豚肉は潤いを補い元気をつける、苦瓜やもやしは身体の余分な熱を冷まし解毒する、
玉ねぎは食欲不振に、人参やりんごは胃腸によいとされています。

夏野菜や夏の果物には、身体の余分な熱を冷ます力がある といわれています。
旬のものをたくさん取り入れて、毎日のお食事で身体をいたわってあげて下さいね。

レシピ提供は・・・

横浜・鎌倉
美味しくて身体によい和食薬膳料理教室
「健康ごはん塾」主宰 ちゅうがんじ みゆき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る