オススメ本 vol.19 西原理恵子(著)『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』

 

オススメ本

こんにちは!ブービーだよ。いよいよ秋に突入だね。
今年の秋は芸術の秋にしたいなァ!
えっ!らしくないって!?。

今回オススメする本は『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』。
著者は「毎日かあさん」の原作者として有名な西原理恵子さん。
16年続いた「毎日かあさん」の連載が終わり、最近「卒母」宣言されたよね。

子どもたちが巣立ちの時期に差し掛かり、西原さん自身も次のステージに!
そんな時、娘さんの反抗期に突入。
「お母さんなんてキライ!」
「お母さんが敷いたレールに乗るつもりなんてないから」
きっぱり、啖呵をきられてしまいます。

レールを敷いたつもりはないけれど・・・。西原さん、娘の反抗期ぐらいでは怯みません。娘の心の中に、小っちゃい尾崎豊が暴れてるだけ。反抗期をこのように解釈します。

しかし、娘が反抗期を迎えた時、いずれひとり立ちして、この家から離れるときに覚えていてほしいことがよぎります。それは西原さん自身が苦労を重ねた生い立ちや、結婚生活を経験したからこそ、娘をはじめ世の中の女の子におくる数々のエール。
「王子様を待たないで!」
「幸せは自分で取りに行って!」
そんな西原流、飾らない贈る言葉がたくさん詰まっています。

子どもが巣立っていくとき、ちょっと寂しいかもしれないけど、これからは誰にも遠慮せず自分の人生を歩んでいこう!
お母さんたちにもエールを送ってくれる素敵な一冊。
ぜひ、読んでみてね!

『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』 西原理恵子 著  カドカワ (2017年)

 

交流ラウンジ・ライブラリ情報

ライブラリ

アートフォーラムあざみ野・1階交流ラウンジには約6,000冊の本を取り揃えています。
ライフステージごとの生き方や悩み(結婚・離婚・介護・家族・女性の再就職・転職など)に寄り添い、課題解決の力になる情報を提供しています。
新着図書も、随時お知らせ中!気になるあの本、所蔵されているかチェックしてみてくださいね!

button_ore 横浜市在住、在勤、在学のかたはライブラリーカードを無料でお作りしています。
button_ore お一人10冊、2週間貸出をしています。
button_ore インターネットからの検索・ご予約はこちら
button_ore おすすめ本フェアや、「女性の再就職」に関連する本などを集めたテーマ別資料案内も、合わせてどうぞ。

交流ラウンジ内には、本を読めるスペースもございます。お気軽にお立ち寄りください!

お問い合わせ

男女共同参画センター横浜北 1階交流ラウンジ
9:00~21:00(日曜・祝日17:00まで)
Tel 045-910-5723(総合受付)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る