よこはま女性のリーダーシップ・プログラム レポート vol.3

よこはま女性のリーダーシップ・プログラム・レポート vol.3

第3回 2017年11月15日(水)13:30~17:00

「よこはま女性のリーダーシップ・プログラム」は、「横浜女性ネットワーク会議」(2018年1月27日土曜日開催)のサテライト事業として、横浜市信用保証協会の会場提供のご協力をいただき実施しているプログラムです。全6回のプログラムのうち前半3回で「自分のリーダーシップを知る」こと、後半3回で「リーダーシップの実践」のために必要な課題解決のスキルを学びます。

第3回は「自分のリーダーシップを知る③」は、自身のWillの発表を考える プレゼンテーションを学ぶセッションです。(第2回目の内容はこちらから)

セッション1~プレゼンテーションとは?

エマ・ワトソン 氏のUN Women 親善大使 国連でのスピーチ 画像を見ながら、小安講師より、伝わるプレゼンテーションについて学びました。

講義のあとは、「Willのプレゼンテーション」です。

事前に宿題で考えてきた内容をもとに、受講生が2分間で自身のWill
「自分はこれからどうなりたいのか 何を成し遂げたいのか」
を2分間でプレゼンテーションを行います。

プレゼンテーションのあとは、ゲスト審査委員の方より、受講生に、リーダーとしての在り方について、
受講生全員に対して厳しくもあたたかいアドバイスをいただきました。

【ゲスト審査委員】

○小賀野敏子(横浜市政策局 女性活躍・男女共同参画担当理事)
○横田浩一(株式会社横田アソシエイツ代表取締役、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授)

プレゼンをきいた感想のシェアを行い、

最後に、ゲスト審査委員、受講生それぞれが、「もっとも伝わるプレゼンター Best Will Presenter」を選出。

 ■Best Will Presenter
   西村里津子さん(株式会社 パイオラックス 【保土ヶ谷区】)
 ■準Best Will Presenter
   篠嶋啓子さん(シュリーマン株式会社 【港北区】)

受講者より
・人前、特に社外の方の前でプレゼンすることは、緊張しましたが、みなさんのプレゼンを聞けたことが勉強になりました。
・自分の苦手なプレゼンにチャレンジできました。他の参加者のプレゼンをきくことで「自分ももっと頑張ろうと」思いました。
・審査員の先生からの、アドバイスがありがたく、他のプレゼンターへのコメントを少しでも自分の成長のために活かしたいです。

次回は、12月20日(水)です。
よこはま女性のリーダーシップ・ブログラム もご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る