資金ゼロから「ひろばカフェ」を開いた社会起業家。  突き動かす想いには素直に 

資金ゼロから「ひろばカフェ」を開いた社会起業家。
突き動かす想いには素直に

NPO法人こまちぷらす 代表 森祐美子さんMori Yumiko
女性キャリアモデル森さん
わたしの強み
巻き込み力
このしごとに必要な力は?
アンテナを張る力、なんとかなると思う力、
ネットワーク力
年齢
34歳
家族
夫、娘(小4)、息子(小2)
ヨコハマ市民まち普請事業HP
戸塚の子育て情報サイト こまちぷらすHP

研究テーマは「まちづくり」。大学生の時、自治体の中期計画策定メンバーに

女性キャリア森さん写真

趣味はキャンプ・山登り!

大学時代の私の研究テーマは、「まちづくり」。大学2年の時、新潟県魚沼市に稼働率100%の公共施設があると聞いて、そこを研究するために、足繁く魚沼市に通いました。Artagglo(アータグロ)という、アートによるまちづくりを標榜した学生団体を立ち上げて、魚沼市で一日限定カフェを作るという企画を実施したこともありました。テントを張って野宿したり、地元の方と地元の素材を使って料理やインテリアをつくったり、3年間で、東京から100人を魚沼市へ連れて行きました。都会の若者も地元のお年寄りも、立場関係なくいろんな人が交差する「カフェ」の魅力や力を発見したのは、この企画がきっかけです。
大学3年の時には、新潟県がその地域の中期計画をつくることになって、計画策定メンバーに選ばれました。県や町役場の職員、コンサルタント、商店街などいろいろな方々といっしょに、「この街をどういう街にしようか」と計画を考えるのですが、最初はみんなてんでばらばらだったのが、だんだん一つにまとまって、目に見える形になっていく。さまざまな立場の人が一つの事に関わることで化学反応のようなものが起きる、それがとてもおもしろくて、「まちづくり」をしごとにできたらいいなあと思い始めました。

「まちづくり」を追求したくて民間企業に入社!?

私の関心事である「公共文化施設の評価」をCSR活動として、その時すでに10年がかりで取り組んでいたのが、トヨタ自動車本社でした。本来であれば行政がやることを、企業が真剣に取り組んでいる。魚沼での経験をとおして、これからのまちづくりは行政だけがやるものではないと学んだけれど、企業ができることって何だろう。企業がまちづくりに関わるおもしろさと可能性を感じて、トヨタ自動車に入社しました。
入社した時、先輩にアドバイスされたのは「CSRに興味があるなら、まずは企業が0.1円の利益を生み出すことが、どれだけたいへんか知ったほうがいい」ということ。はっ!としました。それなら、いちばん動きのありそうな中国の営業がおもしろそうと希望を出して、2年間中国マーケットを担当しました。

起業の芽は孤独な子育てから生まれた

女性キャリア森さん写真

育休中 第一子出産直後のころ

トヨタ自動車に在籍していた時、夫と結婚して、24歳で第一子を出産しました。それまで、私にとっての「地域」は寝に帰るところ。周囲との関わりなど全然無かったから、知り合いもだれもいなくて、毎日子どもと二人きり。子育てはとても孤独でした。
働いているときは、可能な限り最大の成果を早く確実に出すことが大事だったけれど、子育ては真逆です。私がいくら頑張っても子どもが早く育つわけではない。To Doリストを作って達成感を味わおうとしたけれど、何一つ予定通りに行かなかった。気持ちが追いつかなくて、鬱々として、どんどん不安定になっていきました。
そんな時、横浜市の保健師さんの家庭訪問があって、子育て支援拠点を作るための意見を述べるメンバーを公募するチラシをもってきてくださったんです。苦しい状況を抜け出すきっかけになるかもと思って応募したら、そこで出会った地域の人たちがとてもあたたかく迎えてくださって、すごく救われました。
子どもを皆さんに抱っこしてもらって、生の情報を教えてもらって、子育てを一人で背負わなくていいことを感じて、やっと育児と向き合えるようになった。子育てが楽しくなっていったんですね。その後も、いろいろな子育てサークルの活動に携わるようになって、しごとと同じくらい、大きな意味を感じるようになりました。続けて28歳で二人目を産んで、結果的に育休を4年取得して、会社に復帰しました。
復帰後は、海外調査の担当になって、朝5時に起きて子どもを預けて、東京の会社に9時に出社する生活。二人の子どもは同じ保育園に預けられなくて、時短勤務だったけれど、時間的な余裕なんて全然ありませんでした。
それに、しごともやり切った感がまったくなくて、消化不良の日が続いて。しごとをする時間を確保したくて、在宅勤務を申し入れ、帰宅後も夜10時から12時くらいまでしごとをするようになりました。
東日本大震災があったのは、そんな時です。東京のオフィスはビルの最上階だったので、ひどく揺れて、ほんとうに死ぬかと思いました。子どもたちとも翌日まで会えなくて、必死で横浜まで帰りました。
揺れてる最中「このまま死にたくない、やり残したことがある」と強く思いましたね。育休中いくら探しても得られなかった情報が、必要な人に届くような仕組みをつくりたい。孤独な子育てをしている女性が、ほっとできる居場所をつくりたい。いつかやりたいと考えていたけれど、人生は一度きりなんだ、「いつか」じゃダメなんだと本気で考えました。
それからほどなく、会社を辞めることを決意、会社に伝えて半年後に退職し、その翌日「こまちぷらす」を起業しました。30歳の時です。

育休中に築いたネットワーク、ママ友6人で起業

女性キャリアモデル森さん写真

31歳で「こまちカフェ」をオープン

退職を会社に申し出てから起業するまでの半年間は、通勤電車のなかで事業計画を練ったり、フォーラムの起業相談を利用したりしながら、多くの人に事業計画を見てもらって、ブラッシュアップに努めました。育休中に、ネットワークを広げておけたのは大きかったですね。どこにどういうスキルをもった人がいるか、キーパーソンはだれか、わかっていましたから。
私が事業化したかったのは、「ひろばカフェ」。地域の親子が集う場の機能と飲食機能をあわせもつカフェの開業です。声をかけた5人のスタッフは全員乳幼児のママ、調理スタッフもいない、資金はゼロ。そういう状況で起業して、1カ月で「こまちカフェ」を開業できたのは、退職する直前に行った起業セミナーで知り合った人が、週に一度カフェのオーナーになってみないかと声をかけてくれたおかげです。
週1カフェで提供するのは、地元のパン屋さんから仕入れたパンとキッシュと自分たちで調理したスープだけ。こだわったのは、「見守りつき」カフェということ。お客様にゆっくりランチを食べてもらえるよう、見守りスタッフをつけることだけは、はずしませんでした。

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る