よこはま 女性のリーダーシップ・プログラム

よこはま 女性のリーダーシップ・プログラム

もっと自信を持って、リーダーシップ発揮を!!
女性社員のモチベーションを高めてもうひとつ上のステージへ

経営視点を身に付け、企業成長に貢献する人材《女性》を育てる
leadershipprogram企業にとって、人材の確保・育成は大きな経営課題です。労働力人口が減少するなか、今、「女性の労働力活用」が極めて重要なテーマとなっています。
また、ダイバーシティの観点から、女性の力を新たな企業価値を創造する経営戦略としてとらえる企業も増え、女性の活躍の度合いが、企業業績に少なからぬ影響を与えると認識されてきています。
横浜市男女共同参画推進協会では、女性が、今以上に高い意欲をもって、組織で活躍できる人材になることを支援する研修プログラムを企画しました。
参加費は無料。御社の、次代の担い手として期待されている女性社員の皆様の参加をお待ちしています。

プログラムがめざすこと
button_ore リーダーとしてのマインドセット
組織で働くことの意味を見つめ直し、企業にコミットし、当事者意識を持って、より幅広く、よりレベルの高い任務を担いたいという、リーダーとしてのスタンスを醸成します。参加者は、自分の「WILL=ありたい姿」をイメージできるようになることで、中長期的視点でキャリアを描けるようになります。

button_ore女性リーダーのネットワーク形成
複数企業からの参加者交流型で行うことで、会社を超えて学び合い、成長し合えるネットワークを構築します。社内に女性のロールモデルが少ない場合も、社外のネットワークが女性社員の自律的なキャリア形成に役立ちます。

プログラム内容(全6回)

 日時テーマ会場
19月21日(水)自分のリーダーシップを知る ①
・リーダーシップとは何か
TKP横浜ランドマークタワー
25階 セミナールーム2
210月19日(水)自分のリーダーシップを知る ②
・ロールモデルセッション
・自身のWill(ありたい姿)を考える
TKP横浜ランドマークタワー
25階 セミナールーム2
311月16日(水)自分のリーダーシップを知る③
・自身のWillの発表
・相互フィードバック
TKP横浜ランドマークタワー
25階 セミナールーム2
412月21日(水)リーダーシップの実践①
・横浜市の「働く」を取り巻く環境、課題を知る
(ゲスト:横浜市政策局)
・課題解決のアプローチ(経営視点と当事者意識を身につける)
TKP横浜ランドマークタワー
25階 セミナールーム2
51月18日(水)リーダーシップの実践②
・企業成長につながる働き方改革
・中間プレゼンテーション
TKP横浜ランドマークタワー
25階 セミナールーム2
62月15日(水)リーダーシップの実践③
最終プレゼンテーション(グループ単位)
ゲスト審査員: 横浜市政策局、企業の女性幹部
フォーラム南太田
(男女共同参画センター横浜南)
大研修室

※実施時間は全て14:00~17:00です。原則連続6回参加できる方が望ましいです。

お申込みはこちら >

講師 小安 美和(こやす みわ)  Will Lab 代表

1995年、日本経済新聞社入社。2000年に配偶者の転勤に伴い退社、
シンガポールの出版社勤務を経て、日系通信社記者に。帰国後、05年(株)リクルート入社。住宅、旅行メディアのプロデューサーを経て、中国・上海で「ゼクシィ」の商品責任者を担当。10年より求人事業の企画マネージャー、12年より企画統括部長、13年より(株)リクルートジョブズ執行役員。15年4月よりグループ横断プロジェクト「~育児をしながら働きやすい世の中を共に創る~iction!」を立ち上げ、16年4月より独立。同年6月スイスのビジネススクールIMDにて「女性のための戦略的リーダーシップ」プログラム修了。現在、Will Lab代表として企業向け女性活躍プログラムの設計、運営などに携わる。
小安さん写真"
Will Lab 代表
小安 美和
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る