はじめての保育園 in 横浜 ~「保活」から「入園後の生活」まで~

はじめての保育園 in 横浜 ~「保活」から「入園後の生活」まで~

「保育園落ちた」~のブログが社会に大きな波紋をもたらした保育園の待機児童問題。
共働き・一人親の家庭にとって保育園は生命線ともいえます。

この講座では、はじめてお子さんを保育園に預けようと考えている方に、区役所担当職員が横浜市の保育制度や入園手続きなどについて、わかりやすく説明します。

保育園を考える親の会の先輩ママ・パパからの体験談・アドバイスでは保活から入園後の生活までの具体的な声が聞けて、「保育園選びの参考になった」「同じ立場の方のアドバイスが励みになった」など参加者からの声をいただいてます。

内 容
・保育園選びのポイント
・仕事復帰への準備
・入園後の生活についてガイダンスおよび質疑応答

保育園を考える親の会とは?
保育園に子どもを通わせる保護者のネットワーク 1983 年創会、
首都圏を中心に、約400 人の会員が在籍する。
編著書に『はじめての保育園~保活から園生活まですべてがわかる』(主婦と生活社)
『働くママとパパの子育て110 の知恵』(医学通信社)
『保護者の「ホンネ」がわかる本』(ひかりのくに保育ポケット新書)
『「小1のカベ」に勝つ』(実務教育出版)ほか

項目内容
日時10月02日 (日)
13:30 ~ 16:30
対象保育園にはじめて子どもを預けて働こうとする人
60人
参加費一世帯500円
保育1歳6ヵ月~未就学の子どもが対象です。有料、4日前までに要予約、先着順。※保育料の免除あり(必要条件、手続きあり)
保育の申込先:アートフォーラムあざみ野子どもの部屋:045-910-5724 (9:00~17:00)
受付8月11日 (木) 9:00
申し込方法Eメール hoikudesk@gmail.com
サイト   http://www.eqg.org/oyanokai/event.html
FAX    03-6416-0721
Eメール、FAXでお申込みの方は、以下を明記してください。

(1)参加する方全員のお名前(フリガナ)
(2)会場へのお子様同伴の有無 お子様のお名前(フリガナ)・月齢・年齢
(3)お子様の保育申込みの有無
(4)ご連絡先(メールアドレスおよび電話番号)
(5)お住まいの地域(区、町名)
(6)取り上げて欲しい内容など(任意)

※保育の必要な方は上記アートフォーラムあざみ野子どもの部屋ヘ直接お申込み下さい。
講師普光院亜紀(保育園を考える親の会代表)、青葉区保育担当職員、先輩ママ・パパ(同会会員)ほか
会場アートフォーラムあざみ野
セミナールーム1・2・3

詳細やお申込みはこちら >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る