よこはま女性のリーダーシップ・プログラム 2019 レポートvol.4 ★

よこはま女性のリーダーシップ・プログラム・レポート vol.4

 

第4回 2019年12月18日(水)13:15~16:45

「よこはま女性のリーダーシップ・プログラム」は、「横浜女性ネットワーク会議&ウーマンビジネスフェスタ」(2020年1月25日開催)の関連事業として横浜市内企業における、リーダー・管理職候補の女性社員育成をめざすプログラムです。

2019年9月19日(木)~2020年2月19日(水)まで毎月1回の開講。全6回のプログラムのうち前半3回で「自分のリーダーシップを知る」こと、後半3回で「リーダーシップの実践」のために必要な課題解決のスキルを学びます。

 

それでは、さっそく第4回目「リーダーシップの実践① ~課題設定・課題解決の手法を学ぶ」のレポートを!

9月から始まったよこはま女性のリーダーシッププログラムも今日が4回目の折り返し地点です。

第3回目の内容はこちらから

 

講義 当事者の課題を言語化する

ゲスト講師は、ジャーナリストで、『「育休世代」のジレンマ 女性活用はなぜ失敗するのか?』(光文社新書)や『なぜ共働きも専業もしんどいのか』(PHP研究所)の著者でもある、中野 円佳さん。

「文章を書くのはあまり得意でない」

「反対されたり、炎上したりすることが不安で、自分の言葉で発言するのはためらう」という想いを持つ受講生の皆さんでしたが、中野さんから、言葉にすること、すなわち言語化の必要性と、それによって課題を明快にしたり、第三者と共有できるメリットを学びました。

 

2ページ目にすすむ。

ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る